読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

骨の髄まで私に尽くせ。が説明不要なくらいすごい!

長堀かおるさんの「骨の髄まで私に尽くせ。」が説明不要なレベルで面白かったです。

 

f:id:honenozuimade:20170323154303j:plain

昔ひどい目にあわせてしまった女性と再会した藤田。

酷い目にあわせたと言っても10年以上前の事ですが、藤田の心の奥底にそのことがずっとトゲのように突き刺さっていました。

しかし、ある時偶然、その女性と再会してしまいます。

一見するとキレイで幸せそうなその女性。しかし、心は醜く歪み、その歪みが藤田を捕えてしまいます。

 

骨の髄まで私に尽くせ。

タイトルで検索すると見つかります。

 

一見すると綺麗な女性が実は歪みまくっており、かつての行為の代償として藤田に歪んた愛を要求してきます。

タイトルの「骨の髄まで私に尽くせ。」はまさに彼女の要求をストレートにドストレートに現したものです。

しかし、怖いのは一見すると彼女はそんなことをするようには全く見えないという事。

事実、藤田が彼女と再会した時も、藤田のことを恨んでいないどころか笑い話として流してくれる程度には許してくれている”ように見えました”。

それどころか、藤田に好意を寄せてくる女性。

家庭に不満があった藤田はついついその誘いに乗ってしまうのですが、ここが運命の分水嶺でした。

と言っても彼女はすぐに藤田に変な要求を突き付けたりしません。

少しずつ、本当に少しずつ藤田の心に入り込み、侵食していくのです。

表面的には綺麗で可憐な女性を装いながら。

 

骨の髄まで私に尽くせ。の怖いところは彼女の心理描写に尽きると言っても過言ではありません。

なにしろ「普通の女性」と「歪んだ愛の女」が一人の中に同居しており、しかも完璧にカモフラージュしているのです。

物語を読み進めていくうちに「歪んだ愛の女」こそが彼女の本性であり、「普通の女性」は仮面に過ぎないことも徐々に明らかになってきます。

この過程も時間をかけてじっくり描かれており、単なるダークな物語とは一線を画しているポイントですね。

はっきり言って最近読んだ漫画の中でも最高に面白いです。

張られた伏線はしっかり改修されているのですが、最大の伏線は未回収のままという何ともじれったいストーリー構成なのですが、逆にそれが彼女の底知れぬ怖さや過去をいろいろ想像させてくれます。

これは続きが出たらすぐに読みたくなってしまいます。

 

骨の髄まで私に尽くせ。

タイトル名で検索すると見つかります。